Blog : コラム

2019 明けましておめでとうございます。

お正月といえど案外携帯電話を手放すことが出来ません。

———もちろんゲームやSNSのためではありませんよ。

嬉しいお問い合わせをちょくちょく頂くためです~。

 

ご家族やご親族が集まりますから、
自然と住まいについての会話も出ますもんね。

同居の話とかリフォームの話とか・・・

 

住宅展示場なんかもそれに合わせてイベントとかやってると思いますが
なんか気になった時にご連絡を頂けるっていうのはありがたいです。
ホント感謝。
さてさて今年はどんな一年になることやら。

 

 

 

そうそう、jigsawの本年本格始動は1/21~。

 

ひまかっっ!

 

って決して暇なわけではないんですが(多忙でもないですけど)

(いちおう、大晦日とか元日も図面書いたりしてましたし———)
(昨年はあんまり休みもなかったですし———)

 

ちょっと長めの休暇を頂きます。。。

 

まぁ~そんなゆるーい年始ではありますが
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

身も心も携帯も充電たっぷりで嬉しいお問い合わせをお待ちしております(笑)

家事について

家事ってホント大変、、、ですね。

 

ずっと共働きにもかかわらず

昭和な私は家事をすべて妻に任せっきりだったんですが、、、

 

独立をきっかけに

(まぁ~はじめは勤め時代とはちがって時間的余裕もあって)

家事を共同でするようになりました。

 

犬の世話(散歩)は妻、庭の世話(雑草抜き)は私という

分担作業もありますが、

掃除、洗濯、炊事、買い物などの家事は基本共同作業です。

 

っでようやく家事の大変さに気付くと同時に

それを知らずに住宅設計という仕事をしていたことに

心咎めております、、、

 

まぁ~

家事が楽になる間取り! とか

奥様が喜ぶ家づくり! とか

そんな類の本なんかも当然読んでいるし内容も理解しているんですが

 

何事もそうですがやっぱやってみなきゃ分かんないですね

知識だけは全くダメ、、、

 

42歳、家事歴3年弱、

平成も終わろうかという今頃になって

ようやく家事の事を考えた設計が出来るようになってきました、、、

 

 

 

 

 

 

 

いい家の条件

「あなたにとっていい家とは?」

だったか、

「いい家の条件はなんですか?」

だったか、、

「家づくりで大切にしていることはなんですか?」

だったか、、、

 

ある企業の講演会に参加した時の帰り際に書くアンケートにあった質問なんですが

なんかこういうシンプルな質問って難しいですね。

そんなもん、一言で言えるかっ!って感じだし、

アンケート用紙にくどくど書くことも出来ないし、、。

 

勤め時代はビジネス書の類もかなり読んだんですが

強みや弱み、特徴、他社との違いみたいな類をシンプルにまとめることは

ほんと難しい、、、

 

このホームページにも

 

居心地の良い

実用的にデザイン

心休まる

質が高く豊かな住まい

とか書いてますし、

 

必要な場所に必要な分の収納とか

回遊性とか家事がしやすい動線とか

外部空間とのつながりとか、

その他にも構造や性能とかの具体的内容も書いてますが、、、

 

始めの質問に対するシンプルな回答ではないんですよね。

全部説明すれば回答になるかもしれませんが、アンケートした方も

もちろんそんな長い説明は聞きたくもないだろうし。

 

講演会場でも

ん~~~~

ってしばらく考えて書いた内容が

 

ストレスが溜まらず、ストレスが癒される家

 

って書きました。

 

ストレスが溜まらずっていうのは

家の中での生活で家事全般や収納絡み、メンテナンス、(子育て)などで

なるべくストレスを感じないように、

 

ストレスが癒されるっていうのは

仕事や家の外で溜まったストレスを

気持ちの良い光(自然光や照明)加減や風の通り、庭の景色、家族とのいい距離感、

気持ちの良い温度などで豊かさや幸せを感じるっていう具合です。

 

カッコいいとか、センスあるとかではなくて

普段の普通の生活を大事に丁寧に考えるっていうところを

今は目指している感じです。

 

 

もちろんカッコも付けますし、センスあるって言われたいんで

そこも一応それなりにがんばるんですけど。

 

 

強みや弱み、特徴、他社との違いも

一応スパッと一言で答えられるようにしていますんで

ご興味があればいつでも聞いてください!

ごきょうみがあれば、、、

 

たいした答えはかえってきませんけど、、、

 

 

 

 

 

 

過程も大事!

珍しく連チャンのUP!

昨日も書いてますんで良ければ一つ前も読んでくださいませ。

 

家づくりって

数字で知ることが出来る性能や価格、強度と同じぐらいに

建っていく過程も大事だと思っています。

誰がどうやって建てたかっていう職人さんを知ってもらう事もその一つ。

 

 

【答え】と同じぐらいどのようにその答えを導き出したかっていう

【過程】が重要視される数学に似た感じ!

答えがあっていても答えの導き方が書いてなかったり

間違っていると〇をもらえないじゃないですか~数学って。

個人的には好きなんですよね~

 

たとえば見た目もよくて味もいいお料理も

つくっている人がめっちゃいい人やって分かったら

もっとおいしくなりません?

 

家も誰がどうやってつくったかっていうことがもっと知れたら

きっと住む家への愛着がグッとますはず!

 

なんでなるべく職人さんの作業風景も撮るようにしています。

 

 

 

 

 

 

あふれる画像の良し悪し?

昔は毎月1万円以上かけて建築の本を買っていたんですが、、、

最近は年に数冊買うか買わないかって感じになっています。

改めて本棚を見てみると

学生時代から買い続けた月刊誌が2012年でとまっているんで

建築関係の本を買う事をやめて6年ぐらい経つようです。

 

たくさん買っていたころは常に最新の情報を知りたかったし

(私の場合、法律とか技術とかではなくて、話題の建築作品や建築家の情報です)

そういった本がズラリと本棚に並んでいるとそれだけで

ケンチクやってます~っていう雰囲気がでるし

っていう理由で買ってたような気がします。

 

先日おっきな本屋さんに行ったんで久しぶりに建築コーナーを見てみたんですが

ほんと不思議なもんで

昔は必至で見ていた巨匠たちの本に全く興味がわかず

するっとそこは通り抜けて

もうちょっと気楽なコーナーへ。

 

最近の流行りなんでしょうけど、、、

「小さな家で、、、」「豊かに暮らす、、、」的な本がたくさんあって

まぁ~jigsawのコンセプトそのままなんでパラパラとみてみると

ほんとどれも素敵で居心地よさそうで気持ちよさそうな写真が

たくさんのっていました。

そういうのを見るとですね

これぐらい俺でもできるぜぇ~

って思ってみたりもするし

これ自分で考えました~って言いながら真似もしたくなるし

とりあえず買って帰ろってなるんですが

結局それらの本も買わずに申請で必要な資料だけ買って帰ってきました。

 

なんていうか、、、もうそろそろ、、、

読んだり見たりして、そんな中から答えを見つけるっていうやり方ではなくて

自分自身できちっといい家について考えて建てていく

っていうことを目指したいなという感じになったような気がします。

 

ほんと情報というかきれいな写真があふれていて

探したり見つけたりするっていう作業が

なんか自分で考えたことのように錯覚してしまうんですよね。

 

インスタ映えする暮らしではなくて

もっとリアルな豊かさとか暮らしについて

自分の頭で考えたいっていうことなんですが、、、

いやぁーほんと自分で考えることが難しい時代だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近思う事 2

若いうちは建築界や同業者に認められたいっていう思いがすごくあって

できることなら専門誌なんかで取り上げられたり、

なんかの賞を受賞したり、

ちょっとでも名前がうれたらなぁとか考えながら

設計をやってたんですけど、、、

どうやら(若いうちから分かっていましたが)

そういう華やかな世界とは縁が無いようで、

要は実力がないという事をようやく受容れております(悲)

 

さらにはそういう賞だけではなくて

長期優良住宅とか〇〇認定住宅とかっていう肩書(もしくはおすみつき)にも

興味がないっていうか、

積極的に認定してもらおうとか

っていう気が無いんです、、、最近。

 

そういう認定を受けようと思うと

ある一定以上の数値や基準をクリアする性能やデザインにしてですね、

申請書を出して審査に合格する必要があるんですが、

まぁ当然といえば当然なのかもしれませんが

実際にその家に住む人の審査ってないんですよね。

 

そこに住む人が感じる住み心地とか、デザインの好き嫌いとか

一切関係なく認定されるわけで、、、

 

前職では結構長期優良住宅の認定を受けたりもしましたが

そういうお墨付きのお家でもですね、、、

すんっごいお施主様に怒られたり、

ご満足いただけていないというお住まいも

正直あります、、、たぶん、、、

 

始めに書いた華やかな世界でも

それはそれはとても著名な建築家の設計で

赫々たる賞を受賞された住宅が

お施主様と訴訟問題になっているなんてことも結構聞きますしね。

 

まぁつまりですね

優良かどうかとかっていうのは

お国や建築界のお偉い方ではなくて

そこに住むご家族に認定してもらいたいなと

思うんです。(←最近思う事 2)

っで、10年とか20年とかそれぐらいの年月住んでいただいて

 

やっぱいい家だ!

 

って言ってもらえたら

それこそその住まいは長期優良住宅ってことになるんじゃないかなぁと。

 

思うんです。

 

 

そんなお家を目指して

明日はみーさんの家、いよいよ大工さん登場で

土台敷きです!

 

先週せっせと基礎廻りに養生シートをはって準備万端なんですが

台風でとんでないかぁ、、、

というのが今週末思う事でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

最近思う事 1

(最近思う事)1という事は2がありますしおそらく3もあるかも、、、

 

先日おっしーさんの家に勝手口を出たところのテラス屋根の設置をしてきました。

お引き渡しから3ヵ月ほどたちましたが、

このテラス屋根が新築時最後の工事となりました。

 

 

そうなんです、、、

いつか工事は一旦終わるんです。残念ながら、、、

 

 

よくお引き渡し時に

「これからの方が長いお付き合いになります~」

って聞くし、まぁ私も必ず言うフレーズではありますが

これってかなりキレイゴトっていうか、、、

長い短いではなくて濃いか薄いかで言うと

打合せ中や工事中の方が圧倒的に濃いお付き合いなんですよね

 

庭の工事も完了してからは

表札が仕上がるまで3週間ほどお待ちいただいたり、

テラス屋根もどんなものにするかじっ~くり悩んでいただいたり

なんか「終わらせない」ための作戦のような感じにすら

思えてきます。

 

 

最近思う事の1は

工事はいつか終わってしまう、

っでそれはかなりさびしいってことです。

そうオリンピックやワールドカップとおんなじ。

 

 

非常に残念ではありますがおっしーさんの家、一旦工事は終了です。

おっしーさん、

「これからの方が長いお付き合いになります」

んで

これからもどうぞよろしくお願い申し上げます!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

製本図面

そういえば昔、フットサルをやることになってですね、、、

まずは格好からという事で上下インテルモデルを購入して

颯爽とグランドインした懐かしい思い出があります。

っで中身はというとですね、

ちょっとやってたわりにチョ~ドヘタで

開始5分でインテル着てるのがまぁ恥ずかしくなるという

パターンでした(涙)

そうそうちょうど長友選手がインテルに入ったころなんで

より一層笑われることになったんですが、

別に長友選手を憧れたわけではなくて、

見た目てきにインテルが好きやったから購入したわけで

実際長友選手の入団発表よりも

私がインテルモデルを購入した方が早かったんで、

「いやあれやで~入団発表よりも先に買ってたんやで!」

ってみんなに言ったんですが

だーれも聞いてなかったぁ~

 

そんなこんなで結構見た目から入るほうなんですが

図面もそう!

線の色や太さ、文字の書体とかにかなりこだわってます!

そこで悩ましいのが、

通常最終の図面は製本屋さんに依頼をするんですが

基本は自分のプリンターでキレイに印刷されるように各々設定しているんで

製本屋さんが印刷して仕上げた図面がだいぶイメージと違ってしまう事。

 

なんで、最近は製本も自分でやるようにしております。

 

 

まずは印刷して折り曲げて

 

 

動かないようにクリップでとめて1枚ずつ糊付けして

 

 

半日ばかし重しを置いて

 

 

 

表紙を貼って製本テープで仕上げをします!

 

「O型には無理やろなぁ~」っと誰ともなくディスりながら、、、

A面だしてやってます。

 

 

さてさて現場進行中のみーさんの家、

昨日アンカーボルトとホールダウン金物のチェックを終えて

 

明日コンクリート打ちです~

 

変化

いよいよ決勝トーナメント!

ポーランド戦の最後についてはモヤモヤした感じが確かにありますね。

かなり大袈裟ですが

日本人の価値観やこだわりみたいなものに変化が起こった瞬間を

テレビではありますがオンタイムで目撃出来たことは非常に貴重な体験

だったと思います。

モヤモヤしたのはその変化(決断)が良いのか悪いのかが

すぐに分からないからなのかぁと。

どちらの意見が多くなるかは今夜の結果でも変わるだろうし、、、

ん~、長くなりそうなんで

 

話しを変えて30日の話。

朝から親に頼まれているお風呂や洗面台、キッチンのリフォームで実家へ行って

職人さんと内容を確認した後、

三田市の flower house fbomh(フボー)さんでやっている

woodworkolior、婦木さんの展示会へ、

 

婦木さんにお会いしたのは多分4年ぶりぐらいで

前に会ったのは婦木さんが20代後半だったような、、、

20代後半から自分もそうでしたが価値観や考え方も少しづつ変化してくる

オトシゴロ。

考えの浅い私はコロッコロ変わってましたが、

婦木さんの作品はなんていうか、、、

細さというか繊細さというかかっこよくてやさしい感じというか

婦木さんらしいきれいなデザインはそのままで

素材の木を手にしてから完成させるまでの過程が変わったような

 

文章では全く伝えられないのですが、、、

 

要はですね

どれも一つ一つの木と向き合った素晴らしい作品でした。

 

そうそう今回は奥様の佑季さんの作品(処女作)もあって

とても刺激を頂きました!

服の色味が一緒だったので思わず記念写真。

実は時計もGショックでおんなじ!(私は体に合わせてベビーGですが、、、)

あっ、小さい方が私です。

 

作品は少しだけですが後日(このブログかインスタで)アップいたします~

 

そのままうわのそらさんでランチをして

ついでに針金で作成されたとても涼しげなカヤックを購入して

 

 

事務所に戻って

2時間ほどいただいたコンサルのお仕事を完了させたあと

大工さん、監督と一緒に食事会にご招待いただいた

宝塚の集いの家へ。

 

ホッピーっていう

関東では定番?のお酒と絶品春巻きなどをいただきながら

 

「吉田さん、ほんとこの家、ヒトがあつまりすぎるんですよ!

お金も集まってきてほしいわ!」

って

怒られてるんか、喜んでいただいているのか

わからないお言葉を頂きながら

 

楽しいひとときでバタバタとした1日を終えました。

 

こういう仲間やお客様との関係性はずっと続けたいですね。

変わらない方がいいこともあります~

 

ちなみに私は最後の10分、肯定派です。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

愛媛出張

来年の年明けに着工をする友人の家、

建築地が愛媛県でjigsaw初の県外です。

昨日は役所などの調査や打合せ(ついでにご契約)のために

昨年末に納車した軽(仮称:jigsaw号)に乗って愛媛へ行ってきました!

午前中にコンサルの出番を頂いた加古川から岡山を経由して

瀬戸大橋を渡っての四国入りです。

 

 

無理をすれば日帰りも可能だったんですが

の~んびんりと一泊での出張です。

 

時間にゆとりがあったのと、

やはり軽での長距離が40過ぎたオジサンには

とってもきつくサービスエリアに寄りまくり。

 

 

 

勤め時代はなにより時間優先でおそらく頑張って

ノンストップで日帰りやったかもしれません。

 

一人で展望台にあがって迫力ある橋を眺めてコーヒーを飲みながら

ゆとりって必要やなぁ~と思える歳になりました、、、

 

 

友人の家の計画はおいおいとご紹介をします。

アンティーク家具の修復などを行う工房を併設した

とてもいい計画になっています!

 

そうそう、軽(仮称:jigsaw号)の右ウインカーが

最近になって通常の2倍ぐらいの速さで

カチカチカチカチカチカチ・・・・・

ととてもはりきっているんですが、、、

 

 

まぁコショウってやつやと思うのですが

なんか右折のたびにヤンキーのスクーターみたいで

とても恥ずかしい出張でした。

トホホ