Blog : all

準備は万全 —続き

上棟までの準備のお話の続きです。

 

せっせと基礎にたまった水を抜いた次の日、
まずは床下の掃除です。

 

床下といってもキレイな方が良いのはもちろんなんですが
家が建った後、点検のためにその床下へ入る私にとっても
この清掃はとても大事(笑)
床下にもぐること自体が大変なんで、
更にそこが汚いとなるとテンションが下がりますからね。

 

清掃後、小西大工は大引(おおびき)っていう部材を仕込んでいきます。
次の私の作業説明が長くなるのでこちらはサクッと
写真をご覧ください~

大引の裏側に金属でできた脚をつけて

 

水平を確認しながら土台と土台の間に取り付けていきます。

 

足元はボンドべっちゃりで安心固定。

 

っで私は断熱材を担当。
いつもは木と木の間にスパッと入るように
工場でカットされてくる断熱材、
今回は現場でカットしていきます。

ものは試し、せっかくなんで自分でカットしてみるかっ!
(まぁ~失敗してもここは友人の家やし・・・)
っていう軽めのノリで丸のこを使いギュィーンとカット。
全身青い発砲スチロールまみれになりながら50枚以上を
切りました。

シャカシャカのようなものを着ていればよかったんですが
フリースを着ていたもんですから、
断熱材の粉がなかなか取れず1日中全身についてました・・・

 

ノリは軽めですが、作業はかなり慎重に丁寧にやりましたので
  ——自分で言うのもなんですが
仕上がりはかなり完璧です。

小西大工からは
「実際の寸法より2ミリずつ小さく切ってね」
って言われていたんですが、
「いやいや1ミリの差でいけまっせっ!」
って心の中で思っていざ実行。

案の定、寸法はピチピチすぎてなかなかすんなりと
入ってくれません・・・
でも更にカットするほどではないので
1枚1枚バシバシバシとたたき入れていきました。
おかげで隙間なく断熱具合はプレカットを超えたのではないかと
感じるほど。

 

断熱材を入れ終えたら
その上に小西大工が分厚い合板を留めつけていき
私がその釘ピッチを順次確認して作業は完了です。

 

最後に作業が完了した床の上に
材料を搬入して上棟準備は無事終了です!

 

そんな準備の甲斐あって
【マサムネ工房さんの家】昨日無事上棟しております。
上棟の様子はまた後日UPいたします!

準備は万全。

準備は万端、整いました!
——明日、足場を組んで

 

明後日、
「マサムネ工房さんの家」、上棟です!
私にはめずらしく、天気予報もまずますです。

 

ではでは今日までの準備をざっとご紹介いたします。

 

基礎工事が完了した後は

 

土台敷きという工事。

大工さんが来るまでに材料を搬入します。
今回はいつもと違うプレカット業者さん(三王ハウジングさん)。
——とは言ってもお付き合いはとても長いですけど。20年近いお付き合いです。

手際よくサクッと搬入完了。

この水色の材料は床に使う断熱材です。

いつもはプレカットされているのですが、今回はカットせず
畳の大きさのまま搬入してもらいました。

 

ここで満を持して大工さんが登場。
てるさんちに引き続き小西大工さんです。

まずは基礎の上面に黒い墨で基準線を引いて

 

基礎からとびだした鉄筋(アンカーボルト)を貫通させる穴を
土台にあけていきます。

 

次に基礎と土台の間に入る黒いパッキン材を敷きならべ。
(このパッキン材、地味に3種類使いわけられています)

 

っでようやく土台を置いていきます。

 

 

日が沈むころ、何とか土台敷きを終えました

 

結構長くなったんで、、、
続きは次回で。

 

そうそう大工さんが土台を敷いている間、
私はというと
せっせと、大きなスポンジとバケツを手に
基礎にたまった水を抜いておりました。


水抜きっていうもんを仕込んでおけばいらない作業なんですが、
いろいろ考えて入れない事にしております。

プランニング

先日久しぶりに講習のお仕事をいただき
住宅会社さんへ行ってきました。

 

講習のお題は

 

内容はというと
・なぜお客様はプランに納得しないのか?
納得してもらえないプランのお話し
・お客様に納得してもらえるプランの作り方と
プレゼン方法のお話し
です。

 

しかしながら、この手のお題は結構批判も受けます。
誰に?って設計の得意な先生方に。
「プランはそんなに簡単なものではない!」
って感じで・・・

(私自身も設計だけをやっていた時代はそう思っていました。
こんなお題で話をする講師が出てきたら全く話を聞かなかったと
思います。。。決定率!? なんか胡散臭そうやなぁ—って)

でもお客様のためにもと~っても大事な内容なんです。
決して胡散臭くはないんです。
ご興味がある住宅会社さん、是非お声がけくださいませ~

 

そうそう、プランニングの事を考えるとき
いっつも同時に考えてしまうことがあります。

 

それは
「プランもAIがする時代がもう来るんじゃないか」
という事です。

 

もしグーグルが建築業界に参入価値があるって考えたら、
—— 価値が無いって判断されるのもそれはそれで寂しいですが・・・

 

法規制をクリアしたり、
日照や通風の上手に確保したり、
お客様のご要望を完璧にまとめたり、
あっという間でしょうし、

「場の特性を読む」とか
「地域性を考える」とか
「住み手に取っての居心地の良さとは」
みたいなヒトでなければ出来ないような内容も
実はAIの方が優れているような気もします。

 

そう考えると私もいつまで建築のお仕事が出来ることやら、
不安ですね。

それでもひょっとしたら
AIが設計する方が良いのではないか、
という思いも少しありまして、、、

AIの設計によって設計士が設計するよりもいい街が出来るのであれば——

 

大事なのは「誰が」設計するかって事ではなくて
いい建物、いい街にするってことですから。

 

あっ、話を戻しますが
「ファーストプランの決定率を上げる!」
っていうのも
いい建物、いい街につながるお話なんです。
実は。

マサムネ工房さんの家

もうすっかり慣れた高松・徳島自動車道をはしって愛媛県へ。
「マサムネ工房さん」の家づくりが始まりました。

 

基礎工事は「毎日」現場が動くわけではありません。
工程間が何日も空くことがあります。
——電卓をはじいた結果
ずっと泊まり込むより通った方が経済的。
格安ホテルを利用しながら片道3時間かけての現場監理です。

 

(本格的な愛媛生活は棟上げ前からスタートさせる予定で、
先日大工さんの部屋と合わせて賃貸借契約を済ませ
準備は万全です。)

 

「マサムネ工房さんの家」
~基礎工事~
土を掘って、鉄筋を組んで、コンクリートを流し込んで——
いつもと変わらない工程です。

ただここは愛媛県、職人さんがいつもと違います。
職人さん側からしてもいつもと違う設計士&工事監督。

 

 

 

工事前、職人さんと会うまでは図面を見ながら電話でやり取り。
ふだん完璧と思っている図面も初めての職人さんからは質問攻めに…
図面の限界を感じますね。

お互いもろもろの不安を抱えながらの
工事スタートだったと思います。

 

 

まぁそこは設計士兼工事監督という一人体制の強みを生かして
工事を進めながら図面で伝えにくい部分も徐々に現場で解決。
まだ分からない愛媛ことばが若干あるものの、
今ではチェック時間よりも長く雑談するぐらいコミュニケーションもとれて
工事は順調にすすんでおります。

 

 

 

っで、
ブログはさぼり気味ですが、
もろもろの検査、確認はさぼらず行って
基礎工事も概ねヤマ場を越えました。

 

「マサムネ工房さんの家」は
今月末上棟です!

ことば

皆さんの今年の目標はなんでしょうか?

私の目標は・・・
「日本語」と「英語」の上達です。

 

 

年末だったか年始だったか、
フランスの方が結構難しい漢字問題を解いているのをテレビで見ました。
ちょっとした衝撃を受け、、、あせりました。

 

英語力の無さも海外へ行くたびに痛感させられます。
今回の休暇でも私が発した英語(というより単語)は
Excuse me、sorry、Thank You、This、Beef、Please
ぐらい。
中1にも達しません。

Pardon?
なんて使いません、はなからあきらめてますんで。
そんな場面ではすぐさま通訳(妻)の登場です。

 

 

目標達成に向けてまずは本を数冊、
日本語や文章が上達しそうなものを購入。

英語に関してはNHK基礎英語1を聞き始めました。
  ——中高大で英語を勉強したというほのかな期待で
    基礎英語2も試しましたが…

まぁ~先は長いです。

 

 

大事なのは継続。
年末にはこのブログも美しい日本語で書かれているでしょう。
っで、
来年の海外(行けるかどうかも分かりませんが)では入国審査も
順番待ちでドキドキすることもなく、スムーズに通過するはず。

なんせ一人ずつの入国審査は私にとって最大の難関(笑)
さすがにそこで妻を登場させることは出来ませんからね。

こだわりの

 

「やっぱりこれにして良かったですねー!」

 

 

これというのは奥様がこだわった中村好文さんがデザインした

PERA(ペラ)というペンダント照明です。

てるさんご夫婦も私もイメージ通りの雰囲気に大満足。

 

 

 

(ちょうどいい既製品がなかった)壁から伸びた黒いアームは

オリジナルで製作。

特に棒の細さをこだわってシンプルに作っています。

 

実はこのアーム、イメージ通りに仕上げることが難しく、、、

 

私 :「ん~、ペンダントではなくてスポットライトっていう案もありますね~」

奥様:「ん~~、でもやっぱりペンダントで~」

私 :「ん~~~、ちょっとコストかかるんですが、、、」

奥様:「イメージ通りになるんなら、、、」

っていう経緯がありつつ・・・

 

出来上がってみると変更せずきっちりこだわっていただいて

ほんと良かった。

 

次は——

コードを束ねるリールを木製にして——

テーブルは——

 

「やっぱりこれにして良かったですねー!」

っていう更なる満足に向かっておられます!!

 

2019 明けましておめでとうございます。

お正月といえど案外携帯電話を手放すことが出来ません。

———もちろんゲームやSNSのためではありませんよ。

嬉しいお問い合わせをちょくちょく頂くためです~。

 

ご家族やご親族が集まりますから、
自然と住まいについての会話も出ますもんね。

同居の話とかリフォームの話とか・・・

 

住宅展示場なんかもそれに合わせてイベントとかやってると思いますが
なんか気になった時にご連絡を頂けるっていうのはありがたいです。
ホント感謝。
さてさて今年はどんな一年になることやら。

 

 

 

そうそう、jigsawの本年本格始動は1/21~。

 

ひまかっっ!

 

って決して暇なわけではないんですが(多忙でもないですけど)

(いちおう、大晦日とか元日も図面書いたりしてましたし———)
(昨年はあんまり休みもなかったですし———)

 

ちょっと長めの休暇を頂きます。。。

 

まぁ~そんなゆるーい年始ではありますが
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

身も心も携帯も充電たっぷりで嬉しいお問い合わせをお待ちしております(笑)

お引渡し

いろいろな想いはあるんですが
なるべくサラリとしたお引渡を目指しています。

 

勤め時代はみんなでどんなお引渡しセレモニーにするかを考えて
映像あり、音楽あり、サプライズありでやっていて
それはそれでとても良かったんですけどね、、、

 

今は残金を頂戴して鍵をお渡しするっていうだけ。
寂しい感じもしますが
やっぱ過程を大事にするっていうのがコンセプトなんで
完成するまでの毎日で
お客様に喜んでいただくっていうのが理想なんです。

 

まぁ~、なんていうか、、、
終わりよければすべてよしっ!
っていうのとは反対の考えです。

 

最後に無理やり帳尻を合わせるより
きちっとした現場作業や報告を最後までまっとうすることで

 

残工事が多少あったり
ちょっとお引き渡しが遅れたり
たまには間違いがあったり
(結構あるぞ!って声も聞こえてきそうですが)

 

終わりがさほど完璧ではなくても
まぁ~よしっとするか、、、

っていう方がいいんじゃないかと思うんです。

 

とっ、誠に勝手は言い分(言い訳)を先に書き書き、

 

 

何とか2件、みーさんの家とてるさんちのお引き渡しが
完了いたしました。

 

冒頭にも書きましたが
いろいろな想いはあるんです、、、

 

掃除であったり、ちょっとした補修工事であったり、
小物付けであったり、
一番最後の作業は間違いなく職人さんではなく私が行うんですが
誰もいないシ~んとした静寂な現場で
その作業をそっと終える瞬間、

なんとも言えない想いはあるんです、、、

 

 

それでもサラリとお引渡し。

 

 

みーさんご家族、てるさんご家族
竣工、おめでとうございます。
こころより。

 

 

残工事は来年きちっとやりますんで、、、

木部の塗装工事

先日、完成したてるさんち、
お引越し前にてるさんご夫婦で木部の塗装をしていただきました。
塗装っていってもまるまる1日作業でかなりしっかりとした
お施主様工事です。

 

私も少しお手伝いさせていただきましたが、
住まい手が家づくりの過程に参加していただくというのは
なかなかいいもんですね。

 

これから住む家への愛情が一層増すと思いますし、
毎日現場で作業している職人さんたちへの想いも少し変わるかもしれません。

 

今回塗装に使ったオイルはプラネットという会社の
ハードクリアオイルとウッドコートスタンダードのホワイトを
現場で量を計りながら1:1で混ぜ合わせたもの。

 

この配合がテカリもなく木部の素地色がそのまま残るんです。
なんか缶もオシャレでいい感じになる予感たっぷりです。

 

なんか写真はちょこっと塗っている感じですが、、、
床全面に建具、家具、枠廻りとガッツリ家中塗っていただきました!

 

 

そんなてるさんご家族、実はもう引越しをすまされ
新居での生活をスタートされていて
全くブログが追い付ていません、、、

 

とりあえず2階に設けたたった1畳のスペースをご紹介!
読書好きの奥様専用?の読書スペースです。

 

一段上がった畳スペースで
背もたれあり、コーヒーや本が置けるちょっとしたカウンターあり、
何より今後出来るメインの庭を見下ろすことが出来る窓があり
縁側のような居心地になるように計画しています。

 

たった1畳ですが、
縁側のような、こもり部屋のような
とても贅沢なスペースになっています。

 

 

そうそう、こもり部屋感を出すために入口部分を狭くしている
(天井から垂れ壁をおろしている)のですが、
私が工事中に3回、奥様は塗装中に1回、

 

「これ頭打たへんかなぁ~」っていう大工さんの心配していた通り
畳の上でしばらく休みたくなるぐらい頭をぶつけております。

 

奥様、忘れかけたころに出てきますので、
垂れ壁が。

ステンレス家具

ようやく冬っていう寒さになりました、、、

朝一重い荷物を車から降ろした際、

背中というか腰というか、

感覚的にはその真ん中ぐらいの筋肉を傷めたようです、、、

帰ってからゆっくり風呂で温めたあと

ロキソニンテープをペタペタペタと大胆に大人使いして様子を見ましたが

ダメですね~

ちょっと体をひねらせたら痛みがはしります。

白井選手が絶対になってはいけない状態に今なっています。

スポーツの前だけではなく仕事の前もウォーミングアップの必要性と

年齢による体の衰えを感じさせられました、、、

 

特に寒い日は無理をしてはいけない年齢になってきたようです。

 

そんな中、私よりも年上の職人さんたちの素晴らしいお仕事のおかげで

現場が完成に近づいております。

 

今日はNDPこと中川デザインプロダクツさんによるステンレス家具の

お披露目でした。

材料はベニヤ(木)や接着剤を一切使用せず、

ステンレスとガラスだけ!

TV台は脚なし壁固定にも耐える強度で

シャープに見えるように華奢に作ってちょうだい!

っていう勝手設計士の要望に見事に応えてくれました!!

 

 

 

 

洗面台も同要望で

 

 

詳細、完成形はまた後日UPしたいと思います。