Blog : all

建物完成というタイミング

そろそろ終わったころでしょうか、
昨日お引渡しが完了したきっしゃんさん、今日お引越しです!

 

 

 

喜びや幸せを感じる住まいがはたしてご提供できたかどうか、
つくり手として多少不安になるタイミング。

家づくり自体はもうすっかり慣れきってしまっていますが
住まい手の満足度に対する不安への耐性はまだないようです…

 

 

言うまでもありませんが家づくりは一筋縄ではいきません。
土地探しや住宅会社選び、仕様や間取り決めなど
たくさんの苦労や悩みを経なければいけません。

その苦労や悩みが報われないというケースにもたくさん出会ってきました。
いい土地が見つからず家づくりをあきらめてしまうなど。

土地探しに運不運はつきもので、
それが大なり小なり家づくりの結果を左右するのは
致し方のない事ですし。

きっしゃんさんご家族もそうでした。
なかなかいい土地の巡り合えずあきらめかけていました。
生駒でいいなと思う土地が見つかったとご連絡いただいたときは
うれしいというか、良かったなぁと思いました。

 

 

そんな様々な苦労や悩みがいい思い出になる、
建物の完成はそういうタイミングですね。

 

 

お子様が寝静まった後にでも、そんな良い思い出に浸りながら
新居でまったりお酒でも飲んでいただけたら…

 ——喜びや幸せを感じていただけたなら

梅雨に入ったばかりですがつくり手としては晴れやかな気持ちになります。

 

 

☆お知らせ☆
jigsawはKIKAKUNAへ屋号変更いたしました。
Blogもこちらへ移行します!

KIKAKUNAホームページ:https://kikakuna.com/

きっしゃんさんち、木完

きっしゃんさんち、木完です。
——大工工事が概ね完了し、仕上げ工事前の状況——

 

待ちわびた完成がもうすぐやってこようとしている喜びと
大工さんが現場を離れる寂しさ、
それらが混在する気持ち的に複雑なタイミングです。

 

断熱工事完了から大工工事完了までの進捗を振り返ってみようと
思います。

 

まずは床材の施工!
まだ無塗装の状態で完成前にオイルで仕上げます。

 

水回りの床材はフロアタイルで~

 

床の後は2階を仕上げていきます。
ピンク色の防湿シートを天井に張って

 

4月からボードをトラックから降ろすのは有料です、
って春なのに冬さながら乾ききった冷ややかさで告げられ、

 

 

天井ボードを張るための下地材を組んで

 

天井ボードを張って

 

壁のボードを張れば概ね部屋の雰囲気が出てきます。

 

 

窓枠などを取り付ければ2階は終了!

 

1階も同じように天井ボードの下地を組んで

 

天井のボードを張って

 

 

壁ボードを張ればあと一息。

 

階段を組めば

 

1階も完了です!

 

来週から現場の表情が一変する仕上げ工事が始まります。
少しづつきっしゃんさんご家族をむかえる準備が
整ってきました。

現場清掃

生駒で建築中のきっしゃんさんち、先日断熱工事が完了いたしました。

 



 

断熱材(セルローズファイバー)を施工する前の私の恒例行事といえば
現場徹底清掃です!

セルローズファイバーは粉々にした新聞紙を壁の中に吹き込んでいきます。
壁の足元なんかに埃や木くずなんかが残っていると断熱材と一緒に壁の中に残ってしまうんです。
そのため毎回断熱施工の前日は徹底的に掃除をします!

 



 

そういえば掃除し終わったあとのキレイな現場を見るたびに思い出すことがあります。

「子供がはだしで歩ける現場にしよう!」
っていう前職のキャッチフレーズです。
——実現できている現場を見たことありませんでしたが——

 

断熱施工の前後はまぁそれぐらいキレイにしています。
工事中の建物が話せるのであれば、
——髪や顔にまみれた木くずをシャワーで洗い流した私と同じく
「あ~生き返った!」ということでしょう。

 


 

もちろん現場の清掃は断熱前だけではありません。

職人さんへ清掃の要求をしない私は現場へ行くとせっせと掃除をする方です
「まだ作業中やし。まだまだ木くずたくさんでるし。
作業しているはたで掃除機かけられたら邪魔やし。」
っていう大工さんの心の声は全く気にしないメンタルも保持しています。

大工さんが作業中でも、二度手間であっても、
なんか掃除したくなるんです。

特別キレイ好きといわけではありません。
机の廻りはまぁいつも散らかっているし、
車もかなり物であふれていますし、

 

でもなんていうか、現場のキレイさって
住みだしてからの居心地に影響するような…

 

もちろん仕上がった家だけを見て現場がきれいだったかどうかなんて
分かるわけもないんですけどね。

私は現場に行くとなんかそう感じてしまうんです。
デザインや間取り、素材とか性能と同じように居心地に影響するはずだ!
って。

現場で子供がハダシになることには意味も価値もないですけど
やっぱ現場はキレイなほうが気持ちいい!のは確かです~

祝 上棟!

きっしゃんさんち、3/11に無事上棟いたしました!

Tシャツにフリースを着て、さらにアウターを1枚羽織った服装が
ちょうどいいくらいの中で作業はスタート。

 

気温も上がってきて私はアウターを脱ぎ、大工さんは長T1枚になった11時前、
無事に上棟いたしました。

んで、お昼までには野地板っていう屋根材の下地まで完了です。

 

実はそれ
——お昼までに野地板が終わるということ——
って、
あんまり無いことなんです。

 

一般的には夕方の4時ぐらいとか、
規模によっては次の日になるぐらい時間がかかる作業だからです。

実際、今回と同じ規模のjigsaw1棟目は15時過ぎぐらいまでかかった内容です。
物件ごとに改良を加えて5時間半かかった作業を2時間半に短縮!

 

もちろん大工さんの休憩時間を削ったりという類の話ではありません。
大工さんにはお昼までの間、10時から10時半まできっちり休憩してもらっています。

むしろ「もう35分すぎてますけど…」
という言葉をのみ込んだぐらいです。

 

上棟日は、”すぐにブラッシュアップできる”という規格の大きなメリットを
最もリアルに感じることができる工程です。

 

まだまだ改良したい内容もあるし、さらに効率を上げることも思いついてもいます。
あ~規格バンザイ。

 

何はともあれ
きっしゃんさん、上棟おめでとうございます!!
Sincerely

うるう日

4年前2016年といえば——
4月に震度7が2回観測され死者が150人を超えた熊本地震があった年。
5月にはオバマ米大統領が現職の米大統領として初めて被爆地・広島を訪れ、
8月に天皇陛下が退位を示唆する発表をした年。

 

そんな4年前の2月29日
 ——いわゆる うるう日——
なんとなく覚えやすいかなという理由で事業登録を行いました。
まぁー私にとっての独立記念日です。
んで、昨日の2月29日はめでたくjigsaw4周年の記念日!

 

ただ残念というか、仕方がないというか、
独立してから特にそうなんですが
“節目”というものにどうも私は興味がないんです。

 

お祝いに特別なお店で食事をするということもないですし、
ちょっといいお店に行きたいとき、つまりフツウの日に行きますので
「今日は何かの記念日ですか?」という会話も全く続きません。

 

思い起こせば成人式も家でテレビを見ていたし、
大学の卒業式も欠席してひとり旅にでていました。

 

節目だけではなく、人として大切な感覚がとめどなく
自分から無くなっていくのではないかと
本当にそう思えて薄ら寒いぐらいです。

 

ちょっと救いなのは本とか映画とかドラマとかで
昔より涙腺がゆるみやすくなったことでしょうか。
人として歳をとったためであって
何かの病気のためではないはず…

 

昨日の4周年記念もびっくりするぐらい平凡に終わったのですが
まぁせっかくなんでちょっとこの4年間の振り返りをしておきます。

 

1年目は設計コンサルタントとして住宅会社さんに対するBtoB活動。
2年目以降はその活動もしながら建売と規格住宅をメインに一人体制の
家づくりをスタート。
新築8件(うち3件は設計のみ)、フルリフォーム2件、プチリフォーム数件。

【新築】
▼集いの家

 

 

▼瑞ケ丘の家

 

▼ホームアートさん社屋

 

▼おっしーさんの家

 

▼てるさんち

 

 

▼みーさんの家

 

▼マサムネ工房さんの家

 

▼モデルハウス

 

【フルリフォーム】
▼本山北町

▼宝塚

 

 

さて着工中のきっしゃんさんち、
もうすぐ大きな節目、上棟です~
晴れますように!!

モデルハウス

昨年設計のお手伝いをさせていただいたモデルハウスが
年始よりオープンしています!

大手ハウスメーカーが建ち並ぶ総合展示場の一画。
 ——しかも横は前々職の住友林業。

 

総合展示場という場所がだいたいそうであるように、
どのモデルも必要以上に大きく外観も複雑で
派手さや豪華さを競っているように見えてしまいます。

そんな中で他のメーカーさんより”いい”モデル、
お客様が入ってくれるモデルが求められることは言うまでもありません。

 

 

お手伝いさせていただいたモデルハウスのテーマは
【そのまま建てたいと思っていただけるモデルハウス】
つまりフツウの家。

もっともそれは他のメーカーと比較してという意味でもあります。
 ——実際フツウの家よりはそれなりに大きいし。

 

ただそんなフツウに近いモデルが
派手さを競う総合展示場の中においてはある種、一番目立つという
結果を生んでいるようにも感じられます。

 

そのまま建てたいと思ってほしいターゲットは
“30代の共働き子育て世代”という設定で

家事・収納・子育てに対するストレスが少なくてすむような
動線計画や間取りにしています。

 

もちろん展示場のような広い敷地でなくても建てることが出来ように
考えています!
(間取りに興味がある方はこのホームページのCONTACTよりお問い合わせください)

 

っで、今回の設計に関して私が個人的に意識したことが
“営業さんやコーディネーターさんと一緒に計画する”
ってことです。

お客様にそのまま建てていただくためも
まずは営業さんやコーディネーターさん自身が良いと思うモデル、
提案したいと思うモデルであるべきですからね。

 

設計者の意思が強すぎるあまり
営業さんやコーディネーターさんが快く思っていないモデルハウス、
 ——売りにくい、好きじゃない、モデルハウス
がかなりあることも知っていますので。

 

信頼関係が弱い社外の設計者が設計する場合はなおさらです。

 

今回は社外の私だけではなく、
信頼関係にある仲間(営業さんやコーディネーターさん)も
一緒に考えて建てたモデルですので、
直接モデルの計画にかかわっていない他の社員の方も
自信を持って営業してもらえるのではないかと思っています。

私の色がなるべく出ないようにしたつもりですがどうでしょうか!?

っん!?なんか見たことあるぞってとこもあるかもしれませんけど…

 

 

無事竣工して出来上がりをみさせていただき、
これからたくさんのお客様が入ってくれるモデルになってくれることを
願ってやみません。

そう思ったのはなにも横に建っている前々職への対抗心では
ないと思っているのですが…

とこしずめのまつり

1月の後半としてはとても暖かい毎日!
真冬用の一番モコモコしたダウンジャケットを着る機会がないのは
今年から着始めた超極暖ヒートテックのおかげだけではないはず。

 

先週末「きっしゃんさんち」の地鎮祭が、やはりそれほど寒さを感じることなく
無事終了いたしました!

地鎮祭(じちんさい)、
――やまとことば で とこしずめのまつり といいます――

 

無神論よりという、まれな種族に属している私は
どちらかというと
“しなくてもよい派”なんですが、

神前の祝詞で神主さんにjigsawと読み上げられると
やっぱり身が引き締まりますね。

 

地鎮祭の後の現場はというと
やはりそれほど寒くない中、今週から工事がスタートしています。

地盤があまり強くなかったので
まずは杭工事から~

 

いつもならこの時期、アツアツの缶コーヒーで体を温めて、
意味なく白い息をはいているだけで何となく“仕事をしている感”
をコーヒーの苦みと一緒に味わえるんですが…

杭の位置や本数などを確認という本来の仕事をして
無事杭工事は完了です。

 

んで、来週から基礎工事がスタート!
しかしながらこれまたこの時期にはめずらしく、
連続の雨模様…

とほほ…

謹賀新年

あけましておめでとうございます。
本日仕事はじめです!

っと、言いつつ…
さほどメリハリのある感じはなく
時間にも厳しくない働き方なもんで、

 

朝はちゃんと起きたものの
いつもなら机にむかっている時間に

ちょっと掃除や洗濯をしてみたり、
昨日使った登山用具の手入れをしてみたり、

 

不必要な遠回りをしながら
さすがにもう寄るところが無いっていう感じになって
ようやく机にむかうという始まりでした…

 

そんな感じではありますが
今年も皆様に喜んでいただくというゴールに向かって
寄り道しながらも歩んでいきたいと思います。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

仕事納め~

独立してからは毎年の事ですが、仕事納めといっても普段と全く変わらない感じで

1日が終わっていきます。

なんとなくやるべき事をして、なんとなくきりのいいところで終わる、

特に納会があるわけでもなく

1年がおわった~~っていう感じもないままに…

ほんと10月や11月とおんなじ感じで月末に向かっています。

 

更に今年はポッコリ出てきたおなかをへっこめるべく

20日から大みそかまでの約10日間、

30分のジョギングに加え禁酒(ついでに禁お菓子)しているもんですから

仕事納めの一杯もありません。

 

なんか寂しい感じもしますが…

今はそんなメリハリない感じがなんとも心地よく、

自分に合っているように感じます。

 

まぁそれでも今日は一応仕事納め。

大きなトラブルもなく、無事に1年を終えることが出来ました。

皆さまありがとうございました!!

来年は6日が仕事はじめです~

 

そうそう、夏ごろから設計をさせていただいていた

住宅会社さんのモデルハウスが9月に着工し先日無事竣工しました!

オープン前(来年1月2日!オープン)なので詳しくは来年、

私のウエストの減り具合と合わせてご紹介させていただきます!

 

ではでは皆様、

 

良いお年を!!

もうすぐクリスマス!

1月は行く、2月は逃げる、3月は去る

と言いますが…

4月だって5月だって

もちろん8月以降だってT-falのごとくあっという間に月日は流れるもんです。

40代半ばともなれば月日の経つ早さはなおさらです。

 

それでもまさか前回の投稿が8月で4ヵ月以上もまえとは思いもしませんでした。

—— いやうすうすは気付いていたか・・・

しかもその事実をお客様にご指摘いただきました。。。

 

とりあえずいつものように図面の影がうっすら写った裏紙と

力を入れなくても楽に書けるペンを用意!

いざ!書こうとしたもののイマイチいいネタが思いつかないのは

さぼりすぎて文章の書き方を忘れてしまったためでしょうかね。

 

ネタ探しの写真を探そうと携帯をひらいたら

今日お邪魔したてんるさんちの写真~

 

 

季節を考えれば当然ネタにすべきはクリスマスなんですが、

残念なことにクリスマスにまつわるエピソードが全くありません。

 

という事で今回のネタはツリーの奥に写った窓にします~

 

建物の角に壁が無くて2方向に窓が付いたコーナー!

jigsawの規格では度々出てくる定番です。

 

とっても有名な建築家—アアルト—の書斎にもコーナー窓があります。

 

景色を2方向で見通す開放感はとても居心地がいい空間を生み出してくれますね。

 

▼瑞ケ丘の家

 

jigsawの規格では2つのまどのうち一つが床まである掃き出し窓になっています。

もちろんその向こうの庭に出ることが出来るようにするためで

もう片方はソファーなどが置きやすいように腰までの窓。

 

▼おっしーさんの家

 

この「掃き出し窓」と「腰までの窓」の組み合わせは

これまた有名な建築家—伊礼さん—の設計で拝見。

なんともえ~感じで一度やるとやみつきになります。

 

コーナー窓の他にもjigsawの規格には特徴があります。

それはまたBlogが長期間あいた時にでもご紹介させてもらいます。

 

そうそう、

そんなコーナー窓も付いていて概ね設計が完了した

—— 前回の投稿が8月であることを教えてくれた ——

“きっしゃんさんち”

が来月着工いたします!