Blog : マサムネ工房さんの家

間取り解説~ 続き3

間取り解説最終回!
リビングダイニングです!!

 

マサムネ工房さんの家に限ったことではないんですが
リビングダイニング廻りの間取りを考えるとき
ポイントにしている考え方が一つあるんです!

 

それはリビングとダイニングを
“一体のスペースとして考えない”
ということ!

 

たったそれだけの事なんですが
実はそれだけでぐっと間取りが良くなるケースが多いのです!
  ——とは言っても結果的にリビングとダイニングが横ならびに
   なるケースは多いんですけどね・・・

 

リビングとダイニングは
“ くつろぐ ” ところと “ たべる ” ところなんで
必ずしも一体である必要はありません。

 

ダイニングとキッチンは
“ たべる ” ところとそれを “ つくる ” ところなんで
切り離せませんね。

 

なのでリビングはこの辺に配置して
ダイニングキッチンはこの辺かなぁ~という感じで
【分けて】間取りを考えていくっていう感じです。

 

今回のマサムネ工房さんの家でも
結果的にリビングとダイニングは横ならびですが
間取りを考える上では分けて考えています。

 

そのなごりがこの壁!

 

別になくても問題ないちょっとした壁なんですけど
なんていうか・・・

 

リビングとダイニングをちょっとずらしたり、
少しの壁で仕切りっぽくしてみたり、

 

 

そうすることで
リビングとダイニングが完全に一体のスペースではなくて
それぞれに居場所ができるっていう感じ。。。

 

もちろん一体のひろーいリビングダイニングもいいと思うんです。

 

でもでも
ズレたり感覚的な仕切りでなんとなくわかれているスペースにあって
一体の広いスペースにはないものがあるんです。

 

▼リビングダイニングがずれている例

 

 

リビングとダイニングのようにスペースが分かれているということは

“ あいだ = 間 = 何かと何かにはさまれたところ ”
が生まれます。

まぁ~“ 境界 ”っていう事も出来ます。
完全に分かれている場合はそこには “ 壁 ” であったり
“ 戸 ”  があったりするんですが

今回のようにゆるーく分かれている時、
そこには

“ あいだ = 間 = ま ”
が生まれます。

 

心からいいなぁ~と感じる家は
間違いなくその “ ま ” の 取り方 がうまいんですよね~

 

そう

 

“ ま ” 取り

 

“ 間取り ”です。

 

4回にわたって間取り解説をしてきました。
“  間取り  ” って各部屋の配置とか動線とかっていうよりは
部屋と部屋の “ あいだ ” の取り方なんですね。

っで、それが本当に難しいし
そこの上手い下手が設計の良し悪しだし
我々設計者の価値なんかなぁ~と思ったり・・・

 

さてさて
マサムネ工房さんの家、
間取りはどうでしたでしょうか???

 

間取り解説 “完”

間取り解説~ 続き2

間取り解説の3回目はメインスペースの【LDK+α】です。
まずは動線~

マサムネ工房さんの家、LDKへの動線はなんと3つもあります。

1、 玄関ホールから
2、 洗面コーナーから
3、 WIC・サンルームから

 

 

3つから来ることが出来るという事は
反対にLDKから3つの場所へ行く事が出来るという事。
  —階段のぼって2階へ行く動線を入れると4つ!

 

こういう行きとまりのないぐるぐると廻ることが出来る動線は
とっても便利ですね~
ぐるぐる廻るといっても決して遠回りではありません。
目的地に最短でいける計画です!

 

動線の次はキッチンのご紹介!
見た目はこんな感じ~

 

このキッチン、家の真ん中あたりに配置されています。
言い換えればキッチン中心の家!
真ん中なんで家族の気配が感じやすいのが良いですね。

 

っで、このキッチンからは庭もズドーーンと見渡せます。
最高に気持ちいい~んです。
  ——まだ庭木はありませんが・・・

こんな感じで敷地の一番端っこまで見えるように窓も計画してます!
敷地の広がりを存分に感じることが出来るんです!!

敷地の形状を生かして建物を45度回転させた間取りならではです。

 

インターホンとリモコンのへこませはいつも通り!

図面をよく見てもらうと今回は冷蔵庫後ろの壁もへこませています。
少しでも冷蔵庫の飛び出しを小さくするためですね~

 

キッチンの奥にあるのが仕事スペース!
3人横並びで使える広さ(長さ)です。

この仕事スペース、リビング側の壁がくりぬかれています。

閉塞感もないし、
リビング側と会話も出来るし、(一応TVも見れる・・・)
ちょっと顔をあげるとキッチンと同じく庭も見える!

 

仕事スペースはちょっと疲れた時に庭を見てリフレッシュできるっていうのが
いいなぁと思います。

そのためのポイントが一個。
仕事スペースの床をLDKよりも1段高くしています。
20cm!

 

リビングのソファーで座っている人の頭越しに庭を眺めることが
出来るんです!

 

次!
間取り解説の最後!
LD!

後日!!

間取り解説~ 続き

 

洗面コーナーに一応窓はあるのですが

なるべく照明を付けなくてもいいように——

帰ってきてシューズクロークに入った時に少しでも明るいように——

吹抜けを取って上からの自然光(昼以降の西日)が届くようにしています。

 

下の図面で“洗面コーナー”って文字があるあたりに書いている

×印の上が吹抜けです。

 

 

洗面前から見上げると吹抜け面に大き目の窓が付いています。

 

この吹抜け&窓のおかげで洗面コーナーだけではなくて

階段横の通路がいつもすこぶる明るいです!

 

洗面で手を洗った後の動線は二つ。

この吹抜け下の通路を通ってダイニングキッチンへいくか

トイレ・脱衣・寝室方面へいくかです。

 

メインスペースのダイニングキッチンへいきたい気持ちを

ぐっと我慢して先にトイレ・脱衣側へ。

 

まずトイレ

トイレの壁は下半分がお手入れがしやすいキッチンパネル貼り。

脱衣には床から天井までの棚板が設けてあります。

シャンプー等の備品のストック、みんなの下着やタオル類等が

収納できます。

余裕で。

洗濯機が脱衣に置いていないのもマサムネ工房さんの家の特徴のひとつ。

 

 

っで、仕事から帰ってまずお風呂に入った後なんかは

ご飯までの間、横の寝室で一休み~って感じでしょうか。

 

一休みも二休みもしたくなるぐらいにマサムネ工房さんの家の寝室は・・・

 

いいんです。

 

 

ねっ。

 

通路見たいなスペースの先には北側の海を見ながら作業が出来るカウンター。

畳でゴロンとくつろぎながらテレビを見たり!

寝室ではあるんですが、当面は第二リビングとして使えそうな感じです。

 

 

次は寝室に隣接したWIC。

家着に着替えるのもストレスにならない位置にWICがあります!

なんと天井にプチエアコンまで。

 

 

 

そのWICを抜けるとメインスペース前のラストを飾る場所!

サンルームというべきか物干しスペースというべきか

洗濯機やSKシンク、物干し金物や折りたたみ式アイロン台を備えた

なんとも羨ましいスペースです。

 

 

 

嫌われ者の西日もここでは大歓迎。

予想以上の日当たりの良さです。

大きな掃き出し窓から外に出て、お外でも干せるようになっていますが

屋内でも十分に乾きますね~

 

花粉症の私には何とも羨ましいスペースです。

横がWICなのでしまうのもとても楽ちんですし

キッチンにもすぐいける理想的な動線!

 

いいでしょう~!?

 

次回はメインのLDK!をご紹介いたします!!

間取り解説~

マサムネ工房さんの家が完成いたしました!

 

——今回は工事過程がほとんどUP出来ませんでした・・・

かわりに完成した建物を詳しくご説明致します~

 

まず全体の間取りはこんな感じ

 

ちょっとわかり難いですが東側が道路です。

建物が建つ前の更地状態がこんな感じ

 

ポイントは敷地の北側が尖がっていること。

これがかなりのクセモノ。

 

尖がったところは建てにくいので建物を南によせることになるのですが

南に寄せれば寄せるほど北側に無駄な空地が残ってしまいます。

救いは北側に海が少し見えることぐらいでしょうか。

 

ここで選択肢は二つ。

1、建て難い北側に庭を取っての海を眺める生活

2、南側に庭を取ってその庭とつながった生活

 

マサムネ工房さんの選択は迷いなく?

さらりと2番。

 

っで、私のやるべきことは建物を寄せにくい北側になるべくよせて

敷地の南側を大きく残すこと。

 

そのために建物は四角ではなく変形の五角形に。

 

間取りが出来上がっていく過程がこんな感じ

 

っで

 

 

ではでは

少しづつ中に入っていきましょう!

間取り図と写真を照らし合わせながらイメージしてください!!

 

 

まず玄関~シューズクローク

 

玄関扉を開けると

 

右側にシューズクロークが続きます。

麻の間仕切りカーテンを開けると

奥に洗面コーナーがチラッと見えます。

シューズクロークをぬけてサクッと手を洗うって流れです。

洗面の手前にはコートなどを掛けるスペースも。

 

洗面側からシューズクロークを見返すとこんな感じ

 

長くなっていますが大丈夫でしょうか?

飽きてませんかね??

 

もうちょっとだけいきますよー

 

次はシューズクローゼットのお隣、

洗面コーナー。

 

個人的に洗濯機と洗面台が一緒になった

“洗面脱衣室” があまり好きではありません。

ですので洗面は脱衣室から放り投げられて

いつも廊下に出ています。

 

理想はシューズクロークとトイレの間。

今回もその形!

 

 

左下のコンセント、

ルンバ用です。

 

続きは後日~

マサムネ工房さんの家 もっかん!

マサムネ工房さんの家、
木完(もっかん=大工工事完了)いたしました。

 

これから仕上げ工事に入っていきます。

 

以前にも書きましたが私にとって木完(もっかん)はとっても
大事なタイミングです。
(なぜかは以前のエントリーを見てください!)

 

今回のマサムネ工房さんの家の木完は
今まで以上に特別な想いがあります。

 

遠方の出張工事という事もあり大工工事の約75日間、
私も朝から夕までほぼ毎日現場に通ったからです。
大工見習いさながら現場で大工さんの手伝いやフォローを
してきました。
20年以上、家づくりに携わっておりますが
現場にこれだけいたのは初めてです。
そりゃーもーたくさんの気づきや感じることがありました。
ブログで書きたいことがてんこ盛りです。

です。

ですが、

 

書けないんです、、、

 

しんどくて。

 

大工さんと一日現場作業をして帰ってくると
お風呂に入ってご飯食べる以外の体力が残っていないんです。
手なんて筋肉痛を通り越してですね、
力いれてグーが出来ないんですよ。
ホントに。
寝ても全然回復せず
ラスト2週間なんて朝起きる体力すら前日に使い切っている感じ。

 

自身の体力のなさと大工さんのタフさ、
まぁそれが一番の気づきや感じた事かもしれません。

 

 

 

断熱工事から一気に間をすっ飛ばしますが

 

 

マサムネ工房さんの家、むちゃくちゃえ~感じに

もっかん です!

ピカイチ

今回はとある会社のお話——

 

家づくりにはホントたくさんの会社や人が関わります。
一体どれくらいの人が関わっているのでしょうか?
私の支払い先だけでも1件当たり60社以上。
そのたくさんある会社のなかでもピカイチやなぁと思う会社があります。

 

西日本エコ断熱さん
セルローズファイバーの施工をしてもらっている会社です。
今回のマサムネ工房さんの家では9人の職人さんで一気に仕上げてもらいました。

 

 

 

一人一人の仕事ぶりはもちろんすばらしいし、
組織としての連携とかまとまり感が見ていてとても気持ちがいいんです。

 

ちょっとえらそうな言い方になってしまうんですが
——教育されているっっ
って感じ。

 

見た感じは9人中半分ぐらいが茶髪で若い子たちなんですが・・・
一体どうやってこんないい感じに育てているんやろ!?

 

40代半ば、茶髪の私も考えさせられます。

 

そういえば大手ハウスメーカー時代、
茶髪の職人さんは現場に入れなかったんですが
ここまでいい組織はいなかったように思います。

 

っで、西日本エコ断熱さんは常に進化をして
その向上心にいつも敬服させられます。

 

今回は靴がキレイに揃っている(笑)
鞄もキレイにそろえて置いてありました。

 

前回はそろえてなかったように思うんです・・・

 

同じ作業の日々、
常に成長することを考えていないと
こうならんやろなぁ~って思いますね。

 

 

 

 

こういう人たちが作業している現場は空気感が全く違います。

 

 

そんな西日本エコ断熱さんのお話でした。

 

It is JIMI

上棟後のマサムネ工房さんの家、
地味~な工事が続いております~

 

ホント上棟後の1ヶ月は工事内容が地味…
もちろんとても大事な工事であることは確かなんですがね~

 

まずは構造を強くする金物を1個1個付けて

 

建物の外周面に耐力壁となる板材を留めつけて

 

電気の配線を仕込んだり

 

水道の管を仕込んだり

 

あとあとカーテンレールとか
重いものとかが設置できるように
補強の下地を入れたり
(これが最も地味)

 

毎日毎日せっせと工事はしているんですが、
なんていうか
写真映えしないというか、
昨日と変わった感じがしないというか、

「工事ちゃんと進んでるんかぁ~?」
ってお施主さん、思ってないやろかって
ちょっと考えてしまうくらいです。

それでもまぁ~、私は毎日楽しいんでけどね。
地味でも変化が分かるし、
着実に進んでいるも分かるし、
地味な中にかなりこだわり盛り込んでいるし、

 

でもほんとお施主さんがどう思っているかが若干気になる
上棟後1ヵ月です。

 

お施主さんがはっきりとした変化を感じるとしたら
窓サッシが付いたぐらいでしょうかね~


 

「今日は諸々の下地を仕込みましたよ!」
って報告よりも

「今日、窓つきましたで~」
って方がなんか嬉しいでしょうし・・・

ともあれ1ヵ月かけてようやくここまで来ました~



 

っで!
次に!いよいよ!大きな変化が起こります!!
かなりテンション上がります!
——たぶん私だけ

 

 

乞うご期待。。。

 

特許とる!?

マサムネ工房さんの家~上棟!

 

 

無事棟が上がり屋根下地も終わるころ
大工さんの一人に言われました。

 

「吉田くん、これ特許かなんか取った方がええんじゃないん!?」
—— もちろん特許を取るほどのものではないのですが・・・

なんとも間接的なお褒めの言葉が嬉しいですね。

 

 

 

それは小屋組みという部分と屋根下地の事なんですが
ちょっと工夫をした独自の作り方にしています。

今回、大工さんに不評だった内容の大幅な改善がうまくいって
完成形に近づきました!

一般的な作り方よりも
デザインはすっきりするし、構造強度も上がり、手間も大幅削減で、
コストも下がる!
っていう感じなんです。

 

さてさて特許はさておき、、、
その小屋組みや屋根下地っていうのは上棟日の最終工程。
大工さんも疲れからか、口数も減ってきます。

静かな夕暮れ前、
「カンカン、パスパス、コンコン・・・」っていう作業音も
どこかしら余韻のある感じがしてきます。

 

ここまでくると無事完了が見えてきて
じんわりと胸にこみあげてくるものがありますね。

 

マサムネ工房さんの家、無事上棟完了です!
—— まぁ上棟してもう3週間も経っていて・・・
停滞気味のこのブログとは反対に
現場の方は上棟後も順調に進んでおります。

 

 

マサムネ工房さん、上棟おめでとうございます!
Sincerely,

準備は万全 —続き

上棟までの準備のお話の続きです。

 

せっせと基礎にたまった水を抜いた次の日、
まずは床下の掃除です。

 

床下といってもキレイな方が良いのはもちろんなんですが
家が建った後、点検のためにその床下へ入る私にとっても
この清掃はとても大事(笑)
床下にもぐること自体が大変なんで、
更にそこが汚いとなるとテンションが下がりますからね。

 

清掃後、小西大工は大引(おおびき)っていう部材を仕込んでいきます。
次の私の作業説明が長くなるのでこちらはサクッと
写真をご覧ください~

大引の裏側に金属でできた脚をつけて

 

水平を確認しながら土台と土台の間に取り付けていきます。

 

足元はボンドべっちゃりで安心固定。

 

っで私は断熱材を担当。
いつもは木と木の間にスパッと入るように
工場でカットされてくる断熱材、
今回は現場でカットしていきます。

ものは試し、せっかくなんで自分でカットしてみるかっ!
(まぁ~失敗してもここは友人の家やし・・・)
っていう軽めのノリで丸のこを使いギュィーンとカット。
全身青い発砲スチロールまみれになりながら50枚以上を
切りました。

シャカシャカのようなものを着ていればよかったんですが
フリースを着ていたもんですから、
断熱材の粉がなかなか取れず1日中全身についてました・・・

 

ノリは軽めですが、作業はかなり慎重に丁寧にやりましたので
  ——自分で言うのもなんですが
仕上がりはかなり完璧です。

小西大工からは
「実際の寸法より2ミリずつ小さく切ってね」
って言われていたんですが、
「いやいや1ミリの差でいけまっせっ!」
って心の中で思っていざ実行。

案の定、寸法はピチピチすぎてなかなかすんなりと
入ってくれません・・・
でも更にカットするほどではないので
1枚1枚バシバシバシとたたき入れていきました。
おかげで隙間なく断熱具合はプレカットを超えたのではないかと
感じるほど。

 

断熱材を入れ終えたら
その上に小西大工が分厚い合板を留めつけていき
私がその釘ピッチを順次確認して作業は完了です。

 

最後に作業が完了した床の上に
材料を搬入して上棟準備は無事終了です!

 

そんな準備の甲斐あって
【マサムネ工房さんの家】昨日無事上棟しております。
上棟の様子はまた後日UPいたします!

準備は万全。

準備は万端、整いました!
——明日、足場を組んで

 

明後日、
「マサムネ工房さんの家」、上棟です!
私にはめずらしく、天気予報もまずますです。

 

ではでは今日までの準備をざっとご紹介いたします。

 

基礎工事が完了した後は

 

土台敷きという工事。

大工さんが来るまでに材料を搬入します。
今回はいつもと違うプレカット業者さん(三王ハウジングさん)。
——とは言ってもお付き合いはとても長いですけど。20年近いお付き合いです。

手際よくサクッと搬入完了。

この水色の材料は床に使う断熱材です。

いつもはプレカットされているのですが、今回はカットせず
畳の大きさのまま搬入してもらいました。

 

ここで満を持して大工さんが登場。
てるさんちに引き続き小西大工さんです。

まずは基礎の上面に黒い墨で基準線を引いて

 

基礎からとびだした鉄筋(アンカーボルト)を貫通させる穴を
土台にあけていきます。

 

次に基礎と土台の間に入る黒いパッキン材を敷きならべ。
(このパッキン材、地味に3種類使いわけられています)

 

っでようやく土台を置いていきます。

 

 

日が沈むころ、何とか土台敷きを終えました

 

結構長くなったんで、、、
続きは次回で。

 

そうそう大工さんが土台を敷いている間、
私はというと
せっせと、大きなスポンジとバケツを手に
基礎にたまった水を抜いておりました。


水抜きっていうもんを仕込んでおけばいらない作業なんですが、
いろいろ考えて入れない事にしております。