Blog : てるさんち

こだわりの

 

「やっぱりこれにして良かったですねー!」

 

 

これというのは奥様がこだわった中村好文さんがデザインした

PERA(ペラ)というペンダント照明です。

てるさんご夫婦も私もイメージ通りの雰囲気に大満足。

 

 

 

(ちょうどいい既製品がなかった)壁から伸びた黒いアームは

オリジナルで製作。

特に棒の細さをこだわってシンプルに作っています。

 

実はこのアーム、イメージ通りに仕上げることが難しく、、、

 

私 :「ん~、ペンダントではなくてスポットライトっていう案もありますね~」

奥様:「ん~~、でもやっぱりペンダントで~」

私 :「ん~~~、ちょっとコストかかるんですが、、、」

奥様:「イメージ通りになるんなら、、、」

っていう経緯がありつつ・・・

 

出来上がってみると変更せずきっちりこだわっていただいて

ほんと良かった。

 

次は——

コードを束ねるリールを木製にして——

テーブルは——

 

「やっぱりこれにして良かったですねー!」

っていう更なる満足に向かっておられます!!

 

お引渡し

いろいろな想いはあるんですが
なるべくサラリとしたお引渡を目指しています。

 

勤め時代はみんなでどんなお引渡しセレモニーにするかを考えて
映像あり、音楽あり、サプライズありでやっていて
それはそれでとても良かったんですけどね、、、

 

今は残金を頂戴して鍵をお渡しするっていうだけ。
寂しい感じもしますが
やっぱ過程を大事にするっていうのがコンセプトなんで
完成するまでの毎日で
お客様に喜んでいただくっていうのが理想なんです。

 

まぁ~、なんていうか、、、
終わりよければすべてよしっ!
っていうのとは反対の考えです。

 

最後に無理やり帳尻を合わせるより
きちっとした現場作業や報告を最後までまっとうすることで

 

残工事が多少あったり
ちょっとお引き渡しが遅れたり
たまには間違いがあったり
(結構あるぞ!って声も聞こえてきそうですが)

 

終わりがさほど完璧ではなくても
まぁ~よしっとするか、、、

っていう方がいいんじゃないかと思うんです。

 

とっ、誠に勝手は言い分(言い訳)を先に書き書き、

 

 

何とか2件、みーさんの家とてるさんちのお引き渡しが
完了いたしました。

 

冒頭にも書きましたが
いろいろな想いはあるんです、、、

 

掃除であったり、ちょっとした補修工事であったり、
小物付けであったり、
一番最後の作業は間違いなく職人さんではなく私が行うんですが
誰もいないシ~んとした静寂な現場で
その作業をそっと終える瞬間、

なんとも言えない想いはあるんです、、、

 

 

それでもサラリとお引渡し。

 

 

みーさんご家族、てるさんご家族
竣工、おめでとうございます。
こころより。

 

 

残工事は来年きちっとやりますんで、、、

木部の塗装工事

先日、完成したてるさんち、
お引越し前にてるさんご夫婦で木部の塗装をしていただきました。
塗装っていってもまるまる1日作業でかなりしっかりとした
お施主様工事です。

 

私も少しお手伝いさせていただきましたが、
住まい手が家づくりの過程に参加していただくというのは
なかなかいいもんですね。

 

これから住む家への愛情が一層増すと思いますし、
毎日現場で作業している職人さんたちへの想いも少し変わるかもしれません。

 

今回塗装に使ったオイルはプラネットという会社の
ハードクリアオイルとウッドコートスタンダードのホワイトを
現場で量を計りながら1:1で混ぜ合わせたもの。

 

この配合がテカリもなく木部の素地色がそのまま残るんです。
なんか缶もオシャレでいい感じになる予感たっぷりです。

 

なんか写真はちょこっと塗っている感じですが、、、
床全面に建具、家具、枠廻りとガッツリ家中塗っていただきました!

 

 

そんなてるさんご家族、実はもう引越しをすまされ
新居での生活をスタートされていて
全くブログが追い付ていません、、、

 

とりあえず2階に設けたたった1畳のスペースをご紹介!
読書好きの奥様専用?の読書スペースです。

 

一段上がった畳スペースで
背もたれあり、コーヒーや本が置けるちょっとしたカウンターあり、
何より今後出来るメインの庭を見下ろすことが出来る窓があり
縁側のような居心地になるように計画しています。

 

たった1畳ですが、
縁側のような、こもり部屋のような
とても贅沢なスペースになっています。

 

 

そうそう、こもり部屋感を出すために入口部分を狭くしている
(天井から垂れ壁をおろしている)のですが、
私が工事中に3回、奥様は塗装中に1回、

 

「これ頭打たへんかなぁ~」っていう大工さんの心配していた通り
畳の上でしばらく休みたくなるぐらい頭をぶつけております。

 

奥様、忘れかけたころに出てきますので、
垂れ壁が。

もっかん

家づくりの工程の中で主要はタイミングといえば

「棟上げ」とか
「足場解体」←外観のお披露目 とか
クリーニングが終わった後の「竣工」だと思うんです。

お施主様にとっても我が家が出来上がっていく事をダイレクトに
実感していただける、
もう工程というよりイベント!って感じです。

 

私も設計だけをしていた時はほとんど同じ感覚で
それらの工程に進むのを楽しみにしていたもんです。

それがそれが、工事も担当するようになった今、
もう一つとても重要なタイミングになりつつあるのが

 

 

「木完」

 

「もっかん」っと言って
大工さんの工事がひとまず完了するタイミングです。

基礎が出来てから約2か月間、
ずーっと一緒だった大工さんが現場を離れるっていう
ちょっとセンチメンタルな部分もないわけではないですが、、、

 

それ以上に
なんていうか、、、

 

先が長く若干の不安や責任感を感じる前半工程から抜けだして
ようやくゴールが見え始める安堵感なのか
妙にほっとした気持ちになるタイミングなんです。

 

マラソンでしんどい期間をぬけてランナーズハイで楽に走れるようになる
感じでしょうか、
マラソンは全くやりませんけど。。。

 

前回のエントリーの通り、
芦屋のみーさんの家も
神戸のてるさんちも
「木完」して仕上げ工事に入ってます。

 

何とか平穏はお正月を迎えられよう最後まで気を抜かず頑張ります。

コンクリートの家 みたいな

車の排ガス検査データの改ざんとか

神戸製鋼とかの品質管理データ改ざんとか

建築関係でも免震・制振用のゴムやオイルダンパーの検査データ改ざん、、

などなど

ジャパンクオリティについてちょっとだけ考えさせられます。

おそらく下町ロケットを見ているからでしょうが、、、

 

そんななか、

この響きに幻惑されてしまうのはなぜでしょうか!?

 

品質や性能とかそんな類とは別もんで

なんかよさそうっていう感じになってしまいます、、、

 

ちなみに行ったことはありません、、、

イタリア。

(嫁さんは2回行ったとの事、、、)

 

あっ、写真はみーさんの家のテラスに貼るタイルです。

 

そんなみーさんの家、

大工さん工事が一旦完了し内部の仕上げ工事に入ってます。

 

 

っで、神戸のてるさんちも同じく仕上げ工事中!

 

 

どちらも内装はしっくい仕上げで現在下塗り中です。

壁の下塗りがグレーっぽくてなんかコンクリートの家みたいです!

あと数日でどちらも上塗りで真っ白になりますが、

今の白とグレーのツートンもいい感じ。

 

このままでいいんじゃない!?っていう感じもしますねぇ~

まぁー工事中に度々感じる設計者あるあるです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チラリと

平均で4日置きにお施主様へ工事の進捗具合を

写真で報告させていただいているのですが、

仕上げ段階になると少しそのペースが落ちてきます、、、

 

仕上げ部分は写真を撮っておかなくては隠れて見えなくなる

という事もありませんし、

言い換えれば写真で見てしまう前に、現場で実物をご覧頂きたいっていう

想いもあって写真での進捗報告を少なめにしております。

 

まぁ~工事の終盤にもなればちょっと息切れしてくるってことも

否定は出来ないのですが、、、

 

 

さてみーさんの家につづき、てるさんちも足場がとれました!

てるさんちはCBウォールっていうjigsaw標準で使っている外壁材です。

 

 

キリっと引き締まった外観となりました!

 

とてもシンプルなんですが、

黒色っていうこととあまり見ない外壁材なんで

ご近所さんは「じゅうたく?だよね、、、」って感じで

車も人も明らかに進むスピードを落として

じろ~って眺めていかれます。

 

 

今回は全体像を撮らずに

チラリとなんとなく雰囲気が分かる程度の写真で

足場が取れたことをてるさんにご報告。

 

全体像はまだUP出来ませんが、、、

建物は出来る限り小さく低く計画してあって

道路からもかなり離しています。

植栽が入れば奥様ご希望の

森の中の小屋って感じに近づくと思います!

 

 

 

 

~外壁工事~

さてさててるさんち、

外壁工事の完成が見えてきました!

てるさんちの外壁は瑞ケ丘の家やおっしーさんの家と同じ!

KMEW(ケイミュー)っていうメーカーさんの

CBウォールっていう外壁材です。

外壁材としてはそれほど見ない材料なんですが、

屋根によく使われている材料です!

CBはカラーベストの事ですね。

 

なんと遮熱タイプ!

外壁でどれほどの効果があるのかは正直分かりませんが、、、

 

みーさんの家に続き下地の状況から一気にご紹介します!

 

 

まずは壁の強度を出すために構造用の面材を張って

 

次に白い防水のシート!

(湿気は透して水は透さんってやつです)

 

 

外に飛び出した筒や配線部分は防水のテープで

きっちりと全箇所防水処理されていることを確認して

 

 

 

次に通気胴縁っていう細い木を縦にとめつけて

空気の通り道を作ります。

次に張る合板の継ぎ目がくるところは横向きにも付けてますが

空気がとまらないように縦の部材にはくっつけず

両サイドは隙間を空けるのがポイントです。

 

 

空気以外に虫は通らんように足元には防虫用の部材

(小さい穴があいたステンレスの部材)

を取りつけます!

 

 

それから屋根材をとめつける下地としての合板を張って

 

 

じゃじゃ~んっと全形が見えてきました。

 

 

っで、ルーフィングっていう黒い防水を更に張って~

 

 

(内心、これいらんのちゃうかなぁ~って思っているんですが、、、

メーカーのマニュアル通りに張っていきます、、、)

 

 

 

っでいよいよCB(カラーベスト)を1枚1枚張っていきます!

こんな感じで。

 

 

さぁ~て~

来月始めには足場が取れて全貌が見えてきます!

そうなればそろそろ庭のイメージ固めです~

 

 

 

 

 

 

 

のきさき

なんとなく野暮ったい感じがする家よりも

なんとなくカッコいい家やなんとなくすっきりしている家の方が

やっぱり良いですよね~

 

デザイン力の高いプロの方が見れば全くスマートではないかもしれないし

大半のお客様は全く気にもしない、

でも少数派ではあるけれどちょっとデザイン的なこだわりがあるお客様には

 

おっ、なんかすっきりしているなぁ~

 

って感じていただけるぐらいの

細工具合をねらっています!

 

そのために特別図面も書かなくてはいけないし、

現場では多少手間ひまかける必要もあり、

お金も少々多めにかかりますんで

どの程度の細工をするかは設計者のバランス力が問われます。

 

っで、その細工部分の一つがお題の軒先(のきさき)、つまり屋根の先端です~

 

ちょっとだけこだわってつくっていますんで、

ちょっとだけご紹介させていただきます~

 

まずはてるさんちにも採用してる軒の出が無い場合。

建売シリーズの標準ディテールです!写真の赤丸部分なんですが

 

 

 

 

ねっ、

 

どうでもいいでしょ、こんなとこ(笑)

でもちょっとだけこだわっているんです。

 

図面で書くとこんな感じで

 

 

 

てるさんちの工事中がこんな感じ

 

いいんです、、

一部の方に分かって頂ければ、、、

それでいいんです、、、

 

 

次回はみーさんの家の軒先をご紹介!

 

 

そうじスイッチ

特別キレイ好きでもないんですが、、、

 

机の廻りはまぁいつも散らかっているし、

車もかなり物であふれてますし、

 

でもどうやら私のどこかにそうじスイッチがあるようで

急に片付け&そうじを始め出すことがあります。

しかも徹底的に。。

っで終わった後、自分のエリアではないところが散らかっていると

片づけを要求するっていうところまでがついている

かなり厄介なスイッチです。

まぁおそらくAとBとが混じった厄介な血液が原因だと思われます。

 

現場でもそうじスイッチが入るタイミングがあってですね、

その一つが断熱材のセルローズファイバーを施工する前なんです。

壁の中に断熱材を吹き込んでいくんですが、

壁の足元なんかに埃や木くずなんかがあると断熱材と一緒に

壁の中に残っちゃうんで、

毎回断熱施工の前日に徹底的に掃除をします!

 

これまた大工さんがまだ作業している傍で始めるもんで

途中から大工さんがめっちゃ申し訳なさそうにゴミ袋の上で

そ~っと木を切っていたりします。

 

工事中のてるさんちもちょうどそのタイミングで

大工さんに嫌われながらも現場はとてもキレイな状態に!

まんぞくまんぞく。

 

 

んで次の日にセルローズファイバーを施工して

こんな感じです!

 

 

パンパンに詰まっております!

隙間(断熱欠損)なく施工されている安心感、

さすがセルローズファイバー~

 

 

 

 

 

 

てるさんち、上棟

19号にも負けず、21号にも負けず(20号にはちょっと負けました、、)

てるさんち、無事上棟しました!

 

大型の台風3連発で諸々大変やったので

無事に棟が上がりホッとしております。

 

私の場合、上棟といえば雨。

まぁこれは仕方がないとして

台風3回はもう、、、

 

でもまぁ予定通り無事に完了してほんと良かったです。

明日からは連日の雨模様ですが、、、

 

 

ざっと上棟までの流れをご紹介

 

 

3日4日で予定していた土台敷きと1階の床組を

台風が来る前に3日の1日で仕上げてしまいました。

この日はみーさんの家の富島大工も来てもらって2人がかり!

 

 

4日、台風の日の朝

雨が降り出す前に上棟の材料を受け取り

 

 

作業完了後はガチガチに台風対策。

 

祈りながら台風が過ぎるのを待ちます。

 

 

5日の日の朝、現場確認

何事もなく無事でした、、、よかった、、、

 

重りの石やゲートをもとに戻して

この日のうちに足場を組んでしまいます。

 

 

っで本日上棟!

 

明日からは雨なんで屋根の防水まで完了させます。

 

 

 

21号の影響でご自宅が現在も停電中にもかかわらず

奥様とお母様が見に来てくれました。

 

 

ご主人様はなんと出張と重なりご覧いただけず。

まぁアホほど写真を撮ってますんでそちらでお楽しみください!

 

 

小西大工は前職、前々職からのお付き合い。

(みーさんの家の冨島大工もですが)

これから約2ヵ月よろしくお願いいたします。

 

てるさん、ご家族の皆様

上棟おめでとうございます。

完成まで今しばらくお待ちください~

 

ほっ。