Blog : きっしゃんさんち

建物完成というタイミング

そろそろ終わったころでしょうか、
昨日お引渡しが完了したきっしゃんさん、今日お引越しです!

 

 

 

喜びや幸せを感じる住まいがはたしてご提供できたかどうか、
つくり手として多少不安になるタイミング。

家づくり自体はもうすっかり慣れきってしまっていますが
住まい手の満足度に対する不安への耐性はまだないようです…

 

 

言うまでもありませんが家づくりは一筋縄ではいきません。
土地探しや住宅会社選び、仕様や間取り決めなど
たくさんの苦労や悩みを経なければいけません。

その苦労や悩みが報われないというケースにもたくさん出会ってきました。
いい土地が見つからず家づくりをあきらめてしまうなど。

土地探しに運不運はつきもので、
それが大なり小なり家づくりの結果を左右するのは
致し方のない事ですし。

きっしゃんさんご家族もそうでした。
なかなかいい土地の巡り合えずあきらめかけていました。
生駒でいいなと思う土地が見つかったとご連絡いただいたときは
うれしいというか、良かったなぁと思いました。

 

 

そんな様々な苦労や悩みがいい思い出になる、
建物の完成はそういうタイミングですね。

 

 

お子様が寝静まった後にでも、そんな良い思い出に浸りながら
新居でまったりお酒でも飲んでいただけたら…

 ——喜びや幸せを感じていただけたなら

梅雨に入ったばかりですがつくり手としては晴れやかな気持ちになります。

 

 

☆お知らせ☆
jigsawはKIKAKUNAへ屋号変更いたしました。
Blogもこちらへ移行します!

KIKAKUNAホームページ:https://kikakuna.com/

きっしゃんさんち、木完

きっしゃんさんち、木完です。
——大工工事が概ね完了し、仕上げ工事前の状況——

 

待ちわびた完成がもうすぐやってこようとしている喜びと
大工さんが現場を離れる寂しさ、
それらが混在する気持ち的に複雑なタイミングです。

 

断熱工事完了から大工工事完了までの進捗を振り返ってみようと
思います。

 

まずは床材の施工!
まだ無塗装の状態で完成前にオイルで仕上げます。

 

水回りの床材はフロアタイルで~

 

床の後は2階を仕上げていきます。
ピンク色の防湿シートを天井に張って

 

4月からボードをトラックから降ろすのは有料です、
って春なのに冬さながら乾ききった冷ややかさで告げられ、

 

 

天井ボードを張るための下地材を組んで

 

天井ボードを張って

 

壁のボードを張れば概ね部屋の雰囲気が出てきます。

 

 

窓枠などを取り付ければ2階は終了!

 

1階も同じように天井ボードの下地を組んで

 

天井のボードを張って

 

 

壁ボードを張ればあと一息。

 

階段を組めば

 

1階も完了です!

 

来週から現場の表情が一変する仕上げ工事が始まります。
少しづつきっしゃんさんご家族をむかえる準備が
整ってきました。

現場清掃

生駒で建築中のきっしゃんさんち、先日断熱工事が完了いたしました。

 



 

断熱材(セルローズファイバー)を施工する前の私の恒例行事といえば
現場徹底清掃です!

セルローズファイバーは粉々にした新聞紙を壁の中に吹き込んでいきます。
壁の足元なんかに埃や木くずなんかが残っていると断熱材と一緒に壁の中に残ってしまうんです。
そのため毎回断熱施工の前日は徹底的に掃除をします!

 



 

そういえば掃除し終わったあとのキレイな現場を見るたびに思い出すことがあります。

「子供がはだしで歩ける現場にしよう!」
っていう前職のキャッチフレーズです。
——実現できている現場を見たことありませんでしたが——

 

断熱施工の前後はまぁそれぐらいキレイにしています。
工事中の建物が話せるのであれば、
——髪や顔にまみれた木くずをシャワーで洗い流した私と同じく
「あ~生き返った!」ということでしょう。

 


 

もちろん現場の清掃は断熱前だけではありません。

職人さんへ清掃の要求をしない私は現場へ行くとせっせと掃除をする方です
「まだ作業中やし。まだまだ木くずたくさんでるし。
作業しているはたで掃除機かけられたら邪魔やし。」
っていう大工さんの心の声は全く気にしないメンタルも保持しています。

大工さんが作業中でも、二度手間であっても、
なんか掃除したくなるんです。

特別キレイ好きといわけではありません。
机の廻りはまぁいつも散らかっているし、
車もかなり物であふれていますし、

 

でもなんていうか、現場のキレイさって
住みだしてからの居心地に影響するような…

 

もちろん仕上がった家だけを見て現場がきれいだったかどうかなんて
分かるわけもないんですけどね。

私は現場に行くとなんかそう感じてしまうんです。
デザインや間取り、素材とか性能と同じように居心地に影響するはずだ!
って。

現場で子供がハダシになることには意味も価値もないですけど
やっぱ現場はキレイなほうが気持ちいい!のは確かです~

祝 上棟!

きっしゃんさんち、3/11に無事上棟いたしました!

Tシャツにフリースを着て、さらにアウターを1枚羽織った服装が
ちょうどいいくらいの中で作業はスタート。

 

気温も上がってきて私はアウターを脱ぎ、大工さんは長T1枚になった11時前、
無事に上棟いたしました。

んで、お昼までには野地板っていう屋根材の下地まで完了です。

 

実はそれ
——お昼までに野地板が終わるということ——
って、
あんまり無いことなんです。

 

一般的には夕方の4時ぐらいとか、
規模によっては次の日になるぐらい時間がかかる作業だからです。

実際、今回と同じ規模のjigsaw1棟目は15時過ぎぐらいまでかかった内容です。
物件ごとに改良を加えて5時間半かかった作業を2時間半に短縮!

 

もちろん大工さんの休憩時間を削ったりという類の話ではありません。
大工さんにはお昼までの間、10時から10時半まできっちり休憩してもらっています。

むしろ「もう35分すぎてますけど…」
という言葉をのみ込んだぐらいです。

 

上棟日は、”すぐにブラッシュアップできる”という規格の大きなメリットを
最もリアルに感じることができる工程です。

 

まだまだ改良したい内容もあるし、さらに効率を上げることも思いついてもいます。
あ~規格バンザイ。

 

何はともあれ
きっしゃんさん、上棟おめでとうございます!!
Sincerely

とこしずめのまつり

1月の後半としてはとても暖かい毎日!
真冬用の一番モコモコしたダウンジャケットを着る機会がないのは
今年から着始めた超極暖ヒートテックのおかげだけではないはず。

 

先週末「きっしゃんさんち」の地鎮祭が、やはりそれほど寒さを感じることなく
無事終了いたしました!

地鎮祭(じちんさい)、
――やまとことば で とこしずめのまつり といいます――

 

無神論よりという、まれな種族に属している私は
どちらかというと
“しなくてもよい派”なんですが、

神前の祝詞で神主さんにjigsawと読み上げられると
やっぱり身が引き締まりますね。

 

地鎮祭の後の現場はというと
やはりそれほど寒くない中、今週から工事がスタートしています。

地盤があまり強くなかったので
まずは杭工事から~

 

いつもならこの時期、アツアツの缶コーヒーで体を温めて、
意味なく白い息をはいているだけで何となく“仕事をしている感”
をコーヒーの苦みと一緒に味わえるんですが…

杭の位置や本数などを確認という本来の仕事をして
無事杭工事は完了です。

 

んで、来週から基礎工事がスタート!
しかしながらこれまたこの時期にはめずらしく、
連続の雨模様…

とほほ…